リラクゼーションサロン ゆるりん

リラクゼーションサロンゆるりんオーナー夫婦の婦が綴る・・・

西武新宿線東伏見駅徒歩3分
リラクゼーションサロンゆるりん東伏見店

公式サイト http://yururin.jp/

院長ブログ https://ameblo.jp/yururin2011/

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

迷信や言い伝えって信じてますか?

0
    こんにちわ! 
    リラクゼーションサロンゆるりんbinecoです。

    突然ですが、昔からの言い伝えってみなさん信じてますか?
    もしくは、今でも言い伝えどおりの行動をしてたりしますか?

    私は小さい頃、母に色々と言われた言葉が今でも抜けず
    気にしてしまいます(笑)

    例えば、

    「夜に爪を切るのは良くない」
    「夜に口笛を吹くのは良くない」


    爪を夜に切るのは、親の死に目に会えないから。と聞きましたが実際はどうなのかな?
    口笛については、獣が出てくる?とかだったような・・・はて・・・

    ちょっと、調べてみました。
    夜に爪を切る→夜爪(よづめ)→世詰め→早死にするから親の死に目に会えない。という事が言われているようです。
    昔の夜は電気もなく薄明りの中で爪を切るのは深爪などしたり危ないから。と言う説もあるようです。
    迷信 - Wikipediaより

    なぜ、いきなり迷信の話かと言うと・・・

    つい最近、旦那(ゆるりん院長)が靴を新調して直ぐに履かなくてはならない。という事があり
    私は、夕方や夜に靴を新調するのは止めて、早めの時間から履いた方が良いと。しきりに言ったのです(笑)

    そうです、これも昔母からずっと言われた言い伝えの1つ。
    「夜に新しい靴をおろすのは良くない」
    これと同時に
    「新しい靴を家から履いて外に出るのは良くない」
    などもあります。

    しかし、夜に新しい靴をおろしてはいけないのですが、回避方法があります。私が母から聞いたのは・・・
    どうしてもやむ得ない事情があって夜に新しい靴をおろさないといけない場合は「靴の裏を軽く火であぶる」と夜でもおろしても大丈夫と聞きました。

    こちらも調べてみました。
    たぶん、「新しい靴を家から履いて外に出るのは良くない」が先にあるようですね。
    新しい靴を家から履いて出るのは亡くなった方だから、それを連想させるので家から履いて出るのは良くないらしい。
    その延長に「新しい靴をおろすのは良くない」と言われているみたいです。

    回避方法については、たぶん靴裏を汚すことによって新品ではないと言う風にしていたのかもしれないです。

    ココまで書いてきた迷信は夜に行なうと良くない事でしたが、何時から夜なのか。夕方はいいのか?と
    色々ボーダーラインが難しいですよね。

    ちなみに私は、グレーな時間帯には爪も切りませんし、新しい靴をおろしません。あ、口笛も吹きません(吹けません(笑)
    グレーな時間とは・・・16:00以降です。
    15時代ってまだ昼間って感覚じゃないですか?
    でも、16時過ぎると夕方だ〜って気分です。私だけかな?
    なので、私のボーダー時間は16:00です。

    ちなみに、他にも聞かされてきた迷信があるのですが、

    「女性が生理中の時は社寺などの門を避けて入る」
    つまり、生理中の時は鳥居や門をくぐるな。って事ですね。
    真ん中を堂々と通らず、脇からそっと入りなさい。と・・・
    神聖な場所に、けがれた身体で通りなさんな。
    まー、瘀血(おけつ)とも言いますので、昔は女性はケガレタ存在だったのでしょうかね・・・

    女人禁制は昔から色々な場所にありますね。
    その1つだと思います。
    今でも分かりやすいのは大相撲の土俵ですね。今もたぶん女性は上がれません。

    話はそれますが、料理人や酒蔵(各種酒)昔は女人禁制だったと思います。
    女性はケガレていると言う理由。それと味覚が一定ではないから。
    生理中は味覚が変わると言われています。

    最後に、他にも私が知っている迷信を箇条書きしてみますね。

    「丙午の女性は気性が荒い」
    「黒猫が横切るを見ると不吉」
    「しゃっくりは100回すると死ぬ」
    「つむじを押すと下痢になる」
    「下の歯が抜けたら屋根に投げ、上の歯が抜けたら軒下に投げる」
    「茶柱が立ったら縁起がいい」
    「家で朝に見た蜘蛛は良い蜘蛛で夜見た蜘蛛は悪い蜘蛛」
    「四つ葉のクローバーを見つけると幸せになれる」
    「テルテル坊主が逆さまになると雨になる」
    「霊柩車とすれ違う時は親指を隠す」
    「人に話すと正夢にならない」


    思い出すとまだまだ出てきますが、
    「丙午の女性は気性が荒い」
    「人に話すと正夢にならない」
    この2つをピックアップします。

    丙午(ひのえうま)干支を60周期した時の43番目の干支です。
    陰陽五行によると火の年になる。
    60年に1度の事なので、最近は1966年でした。次は2026年。
    丙午の女性は気性が荒いから嫁のもらい手がない。と言われています。

    丙午 - Wikipediaによると、八百屋お七が1666年の丙午生まれとして、丙午女性の代表格になっています。
    また、江戸時代は丙午の年は火災が多かったらしいです。てか60年おきのことなんだけど・・・江戸時代長かったですしね・・・

    ベビーブーム時代の1966年の出生率が25%もダウンしてるみたいです。次の丙午はどうなんでしょうね。

    「人に話すと正夢にならない」と言うのは迷信になるのかちょっと不明ですが、発端は北条政子が人の夢を盗んだからです。
    またしても、北条政子 - Wikipediaによると、妹の夢を嘘をついて買い取った。とされてます。
    平安時代は夢の売買が出来たんですね〜。不吉な夢だから私が身代わりになってあげる、と嘘をつき滅多にない吉夢を奪い取った。
    その事から、正夢にしたいような夢は人には話さない方が良いとされてる。と私は思っているのですが・・・(笑)

    さて、みなさんもご存じの迷信ありましたか?
    信じない人はくだらないと思うかと思います。しかし、その時代に合わせた理由などあり、現代には当てはまらないものもあるかと思いますが、良かれと思った内容が多いと思います。イエローカード的な内容だったりして。注意を促してる。そんな気がします。

    黒猫は不吉じゃないですよ〜。欧米では色々言われていますが・・・。
    真っ黒なネコちゃん可愛いじゃない!!!

    朝見た蜘蛛も夜見た蜘蛛も同じ蜘蛛だったりするんですが、、、その場合は???とか
    色々突っ込みどころもある迷信も多々あります。

    つむじを押されても下痢にはなりません。なった方は・・・暗示にかかったのかと・・・「病は気から」ですよ。

    では、この辺で・・・


    〜マッサージやカイロプラクティックに飽きた人へ〜 

    リラクゼーションサロン ゆるりん 東伏見店  
    駐車場もあり、2人同時で施術ができます!


    営業時間 10:00〜21:00   
    最終受付 20:30   
    所在地  東京都西東京市富士町4-5-15   
    電話   042-463-8333   
    西武新宿線 東伏見駅北口 徒歩3分  

    リラクゼーションサロン ゆるりん 保谷店
    個室でリラックスがしやすいプライベート空間。予約制ですが、当日予約も大歓迎です。

    営業時間 12:00〜21:00  
    電話受付 11:00〜20:00  
    所在地  東京都西東京市東町4-14-17まつりビル2F  
    電話   042-423-7577   
    西武池袋線 保谷駅南口 徒歩3分   

    〜整体コースが来出ました!!〜「整体コース」 

    公式サイトhttp://yururin.jp/リラクゼーションサロンゆるりん  
    エキテンサイト東伏見http://www.ekiten.jp/shop_5996861/ゆるりん東伏見店  
    エキテンサイト保谷http://www.ekiten.jp/shop_6036914/ゆるりん保谷店  
    院長ブログhttp://yururin2011.blog.fc2.com/ゆるんでイキイキ  
    ゆるりんツイッター
    https://twitter.com/yururin2011  
     


    JUGEMテーマ:生活情報
    迷信・言い伝え | permalink | comments(0) | -