リラクゼーションサロン ゆるりん

リラクゼーションサロンゆるりんオーナー夫婦の婦が綴る・・・

西武新宿線東伏見駅徒歩3分
リラクゼーションサロンゆるりん東伏見店

公式サイト http://yururin.jp/

院長ブログ https://ameblo.jp/yururin2011/

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「風が吹いたら桶屋が儲かる」←子供のころから好きな言葉

0
    こんばんわ!
    リラクゼーションサロンゆるりんbinecoです。

    何故か、タイトルにも書きましたが好きなんです(笑)

    初めて聞いたのは小学生だったかな〜・・・
    当時は面白くて、話の流れがね。
    順番も思えてましたが、もう今は覚えてないので・・・ググりますw

    時は江戸時代に出た話みたいです。

    Wikipediaより・・・
    今日の大風で土ほこりが立ちて人の目の中へ入れば、世間にめくらが大ぶん出来る。そこで三味線がよふうれる。そうすると猫の皮がたんといるによって世界中の猫が大分へる。そふなれば鼠があばれ出すによって、おのづから箱の類をかぢりおる。爰(ここ)で箱屋をしたらば大分よかりそふなものじゃと思案は仕だしても、是(これ)も元手がなふては埒(らち)(あか)
    浮世草子『世間学者気質(かたぎ)』巻三(無跡散人著、明和5年、1768年)

    らしいです。


    つまり・・・
    風が吹き(当時は土や砂利道)
    土ぼこりが立ち
    人々の目に土が入り、目の不自由な方が増える
    その為、目が不自由でも仕事が出来る三味線を買う
    三味線が売れれば、猫の皮が大量に必要になる
    猫が殺され減ってしまうと、ネズミが増える
    ネズミは桶(昔は木ですからね)をかじるから使える桶が減る
    結果、桶が沢山売れる。

    いや〜よく考えたもんだね〜〜感心。
    でも、目が不自由になったら按摩さんになっていれば、猫も殺されず健康な人も増えて良かったのでは?!!
    桶屋さんと三味線屋さんは儲からないが、江戸中みんなが健康だね!
    しかも、話も簡潔(笑)

    ちなみに、こじつけではないですが、
    人の身体も同じですよ〜!
    首が痛いのは、首の筋肉だけが原因ではなく、から、から、手の指から・・・
    複数の原因から総じて痛みが出ています。

    なので、辛い部位のみをほぐしても効果ないですよ。
    関係する部位、そして全体のバランスが必要です。

    ではでは、次こそメニューの解説その3いきます〜!
    「その値段には意味があります!」です。お楽しみ〜。




    ゆるりん東伏見店
    営業時間 10:00〜21:00 
    最終受付 20:30 
    所在地  東京都西東京市富士町4-5-15 
    電話   042-463-8333 
    西武新宿線 東伏見駅北口 徒歩3分

    ゆるりん保谷店 
    営業時間 12:00〜21:00
    最終受付 20:00
    所在地  東京都西東京市東町3-13-2 
    電話   042-423-7577 
    西武池袋線 保谷駅南口 徒歩2分 

    公式サイトhttp://yururin.jp/リラクゼーションサロンゆるりん
    エキテンサイト東伏見http://www.ekiten.jp/shop_5996861/ゆるりん東伏見店
    エキテンサイト保谷http://www.ekiten.jp/shop_6036914/ゆるりん保谷店
    院長ブログhttp://yururin2011.blog.fc2.com/ゆるんでイキイキ

    JUGEMテーマ:整体
    好きな言葉 | permalink | comments(0) | -